読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

breakpoint

自分の考えを整理するため、あるいは誰かのためにブログを書きます。

「ダークナイト」視聴

ダークナイト [DVD]

ダークナイト [DVD]


バットマン・ビギンズ」に続くクリストファー・ノーラン監督の2008年の作品です。


この作品ではついにバットマン最悪の敵、ジョーカーが登場します。
ジョーカーはマフィアからバットマン殺しを請け負いますが、彼の真の目的は金や権力ではありません。
彼の目的は人間の本性を剥き出しにさせ、街を絶望と混沌に染め上げるという純粋な悪意なのですが、まあ要するに頭のおかしい人です。


正義の味方を気取るバットマンに対し、「オメーだって俺と同じ変態じゃねーか」と言い放ち、真剣に苦悩してしまうバットマン。図星だったんですね。
そんなジョーカーに翻弄され続ける「正義の味方」たち、戦う前から勝負は決まっているのです。
「お前がいるから俺がいる」ジョーカーがバットマンに放った言葉です。光あるところに影あり。正義と悪は表裏一体。そういうえばやなせたかしも同じようなことを言っていましたが気のせいでしょうか。


あと、前作からのキャストはほぼ同じなのですが、唯一ヒロインのレイチェル役が変更になっていました。
前作にも増してウザさが倍増したような気がします。
バットマンサイドの登場人物は全員カッコよすぎるオッサン以上の年齢層ばっかなので、浮いてしまうのかもしれません。


物語の最後までバットマンも周りの人間も、ジョーカーにいいように振り回されっぱなしで終わるこの映画。
しかしクライマックス、ゴッサム・シティの人々は「人間の本質は悪か?」というジョーカーの言葉無き問いに対し明確に「ノー」と回答します。
また、バットマン自身もジョーカーさえきっと予想だにしなかったであろう覚悟を見せ、果てしなく暗い展開に一筋の光を照らすのでした。


それが無ければ暗すぎて誰得な映画になったであろうと思います。
正義と悪、人間の本質というテーマに強く踏み込んだ傑作と言えるでしょうね!


あ、コレを見て感銘を受けたとしても、同じバットマンということでバットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」とかは見ないように気をつけてください。たぶんキレます