読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

breakpoint

自分の考えを整理するため、あるいは誰かのためにブログを書きます。

「メメント」視聴

メメント [DVD]

メメント [DVD]


この映画は「ダークナイト」や「インセプション」で有名なクリストファー・ノーラン監督の2000年の作品です。
ある事件によって妻を失い、前向性健忘となって10分間しか記憶を保持できない主人公。
彼が追い求めている、妻を殺した犯人への「復讐」を描いた物語となっています。
そしてこの映画の最大の特徴として、物語が結末から発端へ逆向きの時系列で進んでいくという点があります。
これが「記憶を保持できない主人公の視点」をバッチリ表現しており、視聴者と主人公の意識をシンクロさせることに成功しているという素晴らしいアイディアとなっています。


と、思って見ていたのですが、途中で段々ワケがわからなくなりました
さすが「二回見ないと分からない映画」と評されている作品です。


とは言えラスト(お話の流れで行くと発端ですが)にはアッと驚く真実も用意されていますし、視聴後も物語を振り返って楽しめる名作と言えるものでした。
一つだけ不満があるとすれば、真実が語られた後でもモヤモヤした疑念が残ってしまうという点。
物語が主人公視点となっている以上、宿命的に「真実は決して分からない」という感覚が視聴者側に残ってしまうのです。
だって10分しか記憶が保持できないワケですから、他の登場人物がいくら「真実」を語ったところで「嘘かも」という疑念を消すことができないのです。
例えそれが物語の全てを矛盾なく説明するものであっても、です。


そんな感想を映画が終わった後熱く語っていたところ、奥さんの表情が「ウゼェ…」と言っておりましたのでやめました。
あとこれコメディにしたらスゲエ面白いんじゃないかなーと思うので、誰か作ってください。