読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

breakpoint

自分の考えを整理するため、あるいは誰かのためにブログを書きます。

「ホビット 竜に奪われた王国」 視聴

約一年ぶりに更新するこのブログ。いかがお過ごしでしょうか。

前回のエントリが「思いがけない冒険」の感想ですので、この一年間はホビットの映画以外特に書くに値することもなかったということです。

素晴らしき哉、人生!

 

というわけで、「ホビットの冒険」映画化作品の第二作を観に行ったのですよ。

副タイトルは当初「スマウグの荒らし場」だったような気がするのですが、いつの間にかカッコよくなっておりました。

キャッチーになった感は否めませんが、この辺が原作の雰囲気を損なわず、かつ一般ウケしやすいギリギリの線だと思います。

 

その割に、映画の宣伝ポスターは手を抜いたのか力を入れすぎたのか、どっちだか分かりませんが、ひどいものだったともっぱらの噂です。

具体的には、レゴラスの写真とともに「技磨いてる?」と書かれたものと、今回のヒロインにして映画オリジナルキャラのタウリエルの写真とともに「恋してる?」と書かれた二通りのものがあったそうです。

 

何というか担当者がファンにリンチされないか心配になるレベルですが、映画を観たあとで考えると、あのポスターもそんなに間違ってはいなかった気がしますね。

 

さて肝心の映画ですが、結論から言って前作をはるかに上回る出来栄えだったと思います。

ピーター・ジャクソン監督が単純に「ホビットの冒険」の映画化を考えているのではなく、ビルボとドワーフたちの冒険を「ロード・オブ・ザ・リング」へと続く壮大な物語の一部として再構築させようという意図がはっきりと見て取れました。

(その分、原作にあったようなお伽話チックな要素と言うか、どこか牧歌的な雰囲気は少なくなってしまっていますが。)

例えば、ガンダルフが姿を消してからどうしていたのか?という原作には無い部分は、「指輪物語」の追補編などで語られているストーリーをしっかりと矛盾なく映像化しています。

 

正直、意欲的すぎて原作の良さを損なわずに再構築することなど可能なのか?と不安を覚えてしまうほどですが、そこは監督の中つ国への愛といいますか、自身が原作の猛烈なファンということで、申し分の無い仕事を成し遂げています。

 

今回は旅の一行が闇の森を抜け、エレボールへと帰還するところまでが描かれています。

詳しい話はネタバレになりますので控えますが、最初に登場したビヨルンはもうちょっと長く出してあげてほしかったです。

ファンとしては待ちに待った「皮変えるもの」の映像化だったのですが、出演が一瞬すぎて、伏線があるようで無いやりっ放しのイベントキャラみたいになっています。

開始早々ちょっと泣きそうになりましたが、きっとエクステンデッド・エディションのDVDと、次回作の合戦シーンでは彼の大活躍が見られるに違いないという淡い期待を抱いておくことにしました。

 

あと、レゴラスが目立ちすぎ。

闇の森を通るんだし、エルフ王も登場するからにはレゴラスが出ない方がいっそ不自然なのはわかりますが、オーク相手に無双しっぱなしというのはいくらなんでも活躍しすぎではないでしょうか。

 

いきなり不安になるようなことを書いてしまいましたが、今作での最大の見所といえばそう、樽アクションです。

ファンとしては、今回の作品はドワーフが樽に入って流されるシーンを見に来たようなものです。

製作中から期待度の高かったシーンですが、予想をはるかに上回るクオリティで、これだけでも今作を観に来た甲斐があったというものです。

樽アクションという新ジャンルを切り開いた、と言っても過言ではありませんね!

そしてこのシーンでもレゴラスは無双していました。

 

樽の次に登場するのは、我らが英雄バルドと「湖の町の統領」です。

ホビット」は主人公ビルボをはじめとして、キャストのハマり具合が本当に素晴らしいのですが、それはこの二人に関しても例外ではありませんでした。

バルドは質素さの中にも高貴さが、厳しい顔つきの中にもどこか優しさが漂う、物語のヒーロー然としたキャラクターに仕上がっていましたし、湖の町の頭領も期待に違わず小物臭がプンプンしていました。

そしてこの街でもレゴラスは無双していました。

 

レゴラス目立ちすぎ。

 

そして後半にはついに最強最大の敵、黄金竜スマウグの登場です。

スマウグの強大さ、そのとてつもないスケールは、原作をよく知っている人であればご存知だろうと思われます。

それを映像化するということは、生半可なものではないはずです。

果たしてその出来栄えは、原作のファンもそうでない人もスクリーンに釘付けにするほどのものでした。

 

竜の圧倒的な存在感、次元の違う強さや大きさ、邪悪さ、執念深さなどが、余すところなく表現されていて、上映開始から二時間を超えているにもかかわらず「もっと観たい!」と心から思わせるようなものになっていました。

 

そしてその後の唐突な終わりには、別の意味でびっくり仰天しました。

ここで終わるのかよ!と。

続きは来週ですか?と。

 

完結編に向けて興味を高めておきたいのはわかります。

それに、あの辺りでキレイに終われるところが無さそうなのも知ってた。

でもあんな終わり方をしたら、次回作も観に行かざるをえないじゃないですか!(←喜びすぎ)

 

なんかまとまりのない感想になったし、特にオチもないですが、「竜に奪われた王国」は本当に面白いからお前ら観に行けよということです。

あと、「思いがけない冒険」のDVDは間違えずにエクステンデッド・エディションの方を買えよということです。

それと、今回は上映前から水分を控えていたおかげでトイレに行きたくならずにすんだのでみなさんもそうしましょう、ということです。

 

どっとはらい

「ホビット 思いがけない冒険」視聴

映画

1年以上前から公開を待ち望んでいたこの映画。

 

指輪の時もそうだったけど、年末のクソ忙しい時期に公開しやがって観に行く時間作りにくいじゃないかよ、っていうか今作も3時間オーバーとか映画見てるだけで半日終わっちゃうよ、とか文句垂れながら観てきました。いかがお過ごしでしょうか。

 

今作はホビットの第一部ということで、正直、ビルボが強引に冒険へと連れ出されるあたりが最大の見所です。

自分的にもガンダルフ「なんじゃこれは、お茶か。ごめんこうむる。」みたいなセリフを聞きに行ったようなものです。

 

原作の冒頭で登場したガンダルフなんか、一歩間違えれば完全に頭がおかしい人みたいな感じだったのですが、映画「ロード・オブ・ザ・リング」2,3の後半でうっかり賢人っぽいイメージを残してしてしまったため、今作でも少しだけ人格がマイルドになっている印象です。

原作ではトーリンに対してももっとブチキレるシーンがあったような気がするのですが、映画ではプリプリ怒ってどっか行っちゃうし、なんか可愛いぞガンダルフ

 

ドワーフ連中も原作の数倍は格好良く仕上がっている感じですね。

特にトーリン・オーケンシールドの王様っぷりがやばい。

あと、バーリンが渋いポジションを独占していてズルい。

フィーリとキーリはイケメンだし、原作では空気に近かったその他大勢も個性を与えられて(それなりに)活躍していました。

ボンブールはキャラクター的に映画ではもっとイジられるのかと思いきや、食い物を口でキャッチしたり、裂け谷で椅子(?)を体重で粉砕したりする活躍に留まりました。

彼の場合は多分、次作から本領を発揮すると思われるので要チェックですね。

そういえばドワーフとオークがモリアで戦争するあたりの回想で、一人だけトロール殺しが混じっていたんですが、あれってもしかして鉄の足のダインでしょうか。

物語の後半で彼の再登場が待ち望まれます。

 

今作でついに映像化されたあの人と言えばそう、茶のラダガストです。

個人的には「人のいい上品なお爺さん」というイメージを持っていたんですが、映画ではマジで幻覚キノコをヤッていそうなルンペンみたいな感じでした。

そしてチョイ役と思いきや、うさぎソリで縦横無尽に駆け巡る活躍っぷり。

うさぎソリかわいいようさぎソリ。

 

そういえば、エルロンド卿の生え際はまだ持ちこたえてました。やったね!

原作ではトロールのところで見つけたゴンドリンの剣をさらりと流していて、「曾祖父さんの剣だろもっとびっくりしろよ」とかファンに突っ込まれていましたが、その辺の設定も後付けなので仕方がありません。

映画ではもっと感慨深く眺めたり、歴史を語ったりするのかと思いきや、やっぱりサラッと流していました。

 

そんなエルロンド卿も地図を解読したらあとは程よく空気のようになってしまい、ずっとガンダルフガラドリエル様のターン!みたいな感じでした。

個人的にはサルマンが完全に悪者っぽく描かれていたのが露骨だなーと思いつつ、ラダガストの悪口を言ったりしてファンを喜ばせる演出には感心しました。

 

さて今作の見せ場のひとつである、ビルボとゴラムのなぞなぞ合戦ですが、これは本当によく描いていたと拍手を送りたいシーンです。原作でイメージを膨らませていたファンも満足の出来なのではないでしょうか。

逆に原作日本語版の挿絵にあった半魚人みたいなゴラムの方がトールキンの描きたかったイメージから遠く離れている気がしますね。

 

物語のクライマックスで、命の危機を迎えながらもピンチを切り抜け、ビルボとの友情を新たにするドワーフ達。そして「俺達の冒険はこれからだ!」と連載漫画の打ち切りのような終わり方をしたラストシーンでした。

 

そして案の定、どこかの席から「えっ終わり?」というヒソヒソ声が聞こえてくるし、「これ続き物?」とか言ってる人もいるし、仕方ないとは言え「第一部」とかタイトルに付けて続き物だと分かるように しろよ指輪の時もそうだったじゃねえか観に来るのは原作のファンばっかじゃねえんだよと思ったり思わなかったり。

 

なんかまとまりのない感想になったし、特にオチもないですが、「ホビット」は面白いからお前ら観に行けよということです。

それと「ホビット」を上映する映画館は、途中でトイレ休憩を入れて欲しいということです。←ずっと我慢してた

ちょっと前に観た映画など

映画

「クライム&ダイヤモンド」


クライム・コメディの隠れた名作。
映画好きの殺し屋が出てくるんですが、映画が好きすぎて仕事を忘れる人なのでかわいい。超かわいい。
ヒロインはちょっと微妙。あとこの邦題つけた奴はどんな気持ちでそのような暴挙に及んだのか説明と謝罪を。

グラン・トリノ


クリント・イーストウッドのジジイっぷりがすごい、マジジジイ。
ジジイがダメな青年とその家族と友情を育む話なのですが、100%ジジイ礼賛というわけではなくて、少し自虐的にジジイを演じているところがまた憎い。
ジジイを演じるっつーかジジイそのものですが、とにかく格好良いジジイ好きは観ておけってことだよ!

「普通じゃない」


まず、キャメロン・ディアスが若い。ユアン・マクレガーも若い。
トレイン・スポッティングのダニー・ボイル監督作品だけど、これはもっと分かりやすいし、笑える素敵な映画。
カップルで観るといいと思いますが、独身が一人で観ると軽く死にたくなるので注意してくださいね。

「ノッキン・オン・ヘブンズドア


1997年のドイツ映画。
すごい嫌な野郎とダメな野郎が同時に癌診断され、やぶれかぶれになって海を目指し大爆走する話です。
こういうバカっぽく、どこか青臭いテーマって男の子遺伝子がガンガン刺激されますね!
個人的に超オススメの映画。男は黙って観とけの一本。(女性もどうぞ)

「タクシードライバー」


1976年の作品。ロバート・デ・ニーロの代表作。若いです。
元海兵隊のタクシードライバーを熱演しているのですが、とにかく演技がやばい。
パッと見マトモなんだけど、どこかおかしい。目がおかしい、言動がおかしい。
そんな主人公を観てると、何がおかしくて何がマトモなのか分からなくなってくる、胸くそ悪い映画です。
だが、それがいい!(前田慶次っぽく)
主人公を通して、この時代のアメリカとそこに暮らす人々の姿が見えてくる名作です。

「ノーカントリー」視聴

映画


コーエン兄弟の監督作品。
「ファーゴ」をもっと暴力的に不気味にした感じでした。
キャラクター間の対比が強烈な印象です。
トミー・リー・ジョーンズがもうBOSSの人にしか見えないのが玉にキズなんですが。
ストーリーはお仕着せのものではなく、観る人に問いかける内容なのでかなり好き嫌いが分かれるでしょう。
終わり方も唐突だし、ただただ圧倒されるだけでなかなか感想が出てこない作品です。
まあ、終わってすぐ「面白かった!」って感想が出てくる映画はハッキリ言って頭に残らないものです。
心に残るのは、この映画のように後からじわじわくるタイプなのです。

「ユージュアル・サスペクツ」視聴

映画

ユージュアル・サスペクツ [DVD]

ユージュアル・サスペクツ [DVD]


1995年の作品。

これは「犯人は誰か?」をテーマとしたサスペンス映画です。
回想によって語られる物語と、あっと驚く真実(結末)との差を楽しむ映画ですがそこはどうでもいいです。
正直、オチも「へー、そうだったんだ」くらいのもので大体8〜9へーくらいです。(MAX20へー)


それよりも個人的にこの映画の見どころだと思うのは、登場人物のシブさです。
事件を回想して語る主人公ヴァーバル役のケヴィン・スペイシーの怪演!
イケメンおやじのガブリエル・バーン、個性派ながら怪しい魅力を感じさせるベニチオ・デル・トロなど、一癖も二癖もあるオトコたちが勢揃いです。


サスペンス映画って言うよりピカレスクロマンとしてオススメしますよ!

ガイ・リッチー監督作品「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」視聴

映画

ガイ・リッチーというのはイギリスの映画監督で、マドンナと歳の差結婚しちゃったり、離婚しちゃったり、柔道極めちゃったりしてるナイスガイです。


1999年作品。
主人公たちアホアホ4人組のアホさ加減が物語の痛快さを際立たせている傑作です。
そして主人公の親父はスティングでやたら格好いいし、大物のような雰囲気を醸しだしていたのですが、別に普通の脇役でした
そういえば主人公ではないのですが、雇われ強盗のアホアホコンビもいい味だしてました。
なんか失敗したスキマスイッチみたいな感じの2人でしたが。


というわけで血なまぐさい暴力や犯罪のシーンは多いのですが、アホアホキャラも多いので最後まで楽しく見られるハズ。
エンディング近くで流れる曲はStone Rosesの「Fools Gold」。
大儲けしようとしてとんでもない目に遭うアホの4人組にはピッタリの選曲ですね。


おお、ローゼズ初期の4人が揃ってる…



2000年作品。
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」とスタイルや構成がそっくりの作品。
二匹目のドジョウと言われても仕方ないくらい似てます。
今回はブラッド・ピットがパイキーのボクサー役で出てます。
パイキーというのはパイクで武装したスイス傭兵とは関係なくて、放浪者のことですね。


ブラッド・ピットという役者はものすごくイケメンなのに、変な役、頭のおかしい役とかをたくさんやってて、ブラッド・ピットが大好きで彼の出てる映画なら何でも観る系の女子をことごとく地獄に叩き落すのが趣味のようです。
今作ではパイキーながらイケメンで超強いという役なので、女子の皆さんは安心して観てもいいですよ!

今作は登場人物が増え、それぞれの立場がゴジャゴジャっとなって最後のオチに向かっていくダイナミズムに満ちたストーリーです。
また、前作ほどではないですがアホアホキャラもガンガン登場するので、楽しく観られること間違いなし。


最後まで爽快に楽しめる今作なのですが、ガイ・リッチー監督はこの時点ご奥方(マドンナ)のヒットナンバーを映画の中で使ったり、登場人物に「好きな曲」とか言わせたりするのはちょっとどうかと思いますね!

「オースティン・パワーズ・ゴールドメンバー」視聴

映画

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー [DVD]

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー [DVD]


言わずと知れた(?)オースティン・パワーズシリーズ3作目。
「ゴールドメンバー」の「メンバー」というのは男性のナニを意味する隠語であり、007の「ゴールドフィンガー」のパロディでもあるそうです。
そんなわけで007の製作元からすごい怒られたみたいなんですが、ガン無視して公開されてしまいました。
のっけからトム某、グウゥネス某、そしてなぜか映画監督のスティーブン某などがガンガン出演して、楽しそうにキャッキャしているところを見ると、みんなこの映画が大好きなんだなあと生温かい気持ちになってきますね。
あと、まだ若くて細かった頃のブリトニー・スピアーズがオープニングで出てきて、恒例のおっぱいマシンガンをブッ放してくれます。お約束ですね。


今作は一応オースティン・パワーズシリーズの最後ということで、総集編的な意味もあるのか、回想シーンや1,2で出てきたキャラの再登場、ギャグの使い回しなど、ファンなら見ておいて損はない内容です。
そして今回は主人公オースティンの父親、ナイジェル・パワーズ(マイケル・ケイン)も登場するのですが、一人だけリアリティが歪んでいるかのようなカッコ良さです。
あと今回のヒロインはアメリカを代表するセクシーR&Bシンガーであるビヨンセです。ヒロインとしては申し分ないのですが、女優としての活躍はこれ以降もあんまりないというのは、やはりこの映画のせいなのかと疑ってしまいますね。


ところでこのシリーズを観たことがない人はきっと"普通に面白い"コメディだと考えているのではないかと思います。しかし実際は"どうしようもなく下らなくて下品な"コメディです。
この辺を勘違いすると、ギャグが寒いとか、下品でついていけないとか、的外れなレビューをAmazon辺りに書いて恥を晒してしまうことになるので注意してくださいね!


映画のネタがどれくらい下らないかについては、例えば「ミスター・ロボット」*1という日本人が登場するのですが、最終的に「どうも、ありがと、ミスター・ロボット」って台詞を言わせたいだけのために、わざわざストーリに絡ませて登場させるという下らなさです。
↓元ネタはコレ


というわけなので、高度で知的なギャグを求めている人が見てしまうと、きっと交通事故にあったような感想を持ってしまうと思うので止めておいたほうがいいですよ!
しかし前述のミスター・ロボットネタにせよ強烈な下ネタにせよ、一切の妥協無しにキッチリやり切っている感は一見に値します。
ギャグをギャグとしてやっている表現にいい加減飽き飽きしたら、これを見て本気のネタを堪能することをお勧めしますね!


エンドロールではこれもお約束のバート・バカラックが登場してくれますが、個人的には最後の方で流れるスザンナ・ホフス*2の歌うこの曲をプッシュしたい。

どんちゃん騒ぎのような映画の最後の最後でこの名曲、そして美声、そして謎の感動
バート・バカラックの「アルフィー」の替え歌です。マイケル・ケイン主演映画のテーマソングなので、最後の最後までパロディで楽しませてくれる映画ですね。

*1:松久信幸

*2:監督の奥さん